田七人参

田七人参の効果的な飲み方!お茶&サプリ

田七人参の飲み方で代表的なのは、お茶&サプリです。

 

高麗人参と同様にウコギ科の植物に分類されており、サポニンという成分を多く含むのが特徴です。

 

高麗人参と比べると歴史が浅いのですが、田七人参でなければ出せないような魅力もあることから、サプリの製品も多く出回るようになりました。

 

お茶については高麗人参とは違って生の状態で入手することが難しいため、大抵の場合にはエキス顆粒や粉末を利用して楽しむことになります。

 

どの種類にもサポニンが多く含まれているため、普段の飲み物の代用として使うだけでも健康的です。

 

通常のお茶とは違って漢方的な香りも含まれることから、慣れない人にとっては不思議に感じることもありますが、飲み方の工夫をすれば大丈夫です。

 

田七人参の粉末と粒サプリについてはこちら → 田七人参の粉末と粒サプリ!それぞれの特徴を比較

 

田七人参茶を効率よく摂るには

エキス顆粒の田七人参は、熱湯で溶かすだけで飲むことができます。

 

こちらのほうが粉末よりも溶けやすいため、夏の暑い時期に冷たくして飲む場合にも役立ちます。

 

エキス顆粒と熱湯だけでは香りが強く感じられますから、味を整えるために蜂蜜を一緒に加えてみてください

 

こうすることで、豊かな甘味と鮮烈な風味が融合して、和漢のハーブティーのような飲み物に変化します。

 

粉末のお茶を使う場合には、中国茶と合わせると風味が倍増します。

 

田七人参をウーロン茶と合わせると、独特な酸味やコクが加わり、脂っこい料理との相性も良くなります。寝る前に飲む場合には、ノンカフェインの麦茶とブレンドするなどして飲むこともできます。

 

折角だから効果的なに摂りたい!田七人参サプリ

田七人参サプリの飲み方は極めて単純で、飲む時間についても細かい決まり事はありません。

 

疲れていると感じるときには、田七人参のサプリを意識的に飲んで解決しましょう。

 

朝から健康を保ちたい人は、朝食に続いて飲むようにしてください。この場合には少し温めた白湯で飲むと、お腹もよく温まって冷えを防ぎやすくなります。

 

寝る前のタイミングで飲むと、寝ている間に栄養が吸収されます。

 

サプリは持ち運びもしやすいですから、旅行中には市販のミネラルウォーターと一緒に飲むこともできます。