ごぼう茶にはサポニンは含まれるの?

ごぼう茶にはサポニンは含有されているの?働きは?

ごぼう茶

高麗人参や田七人参などと同様に、ごぼう茶が健康に良いと話題ですが、ごぼう茶はどのような働きがあるのでしょうか?

 

そしてサポニンは含まれているのでしょうか?

 

まず、サポニンの含有ですが結論から言うとごぼう茶にはサポニンは入っていません。ネーミングが似ているヤマゴボウと勘違いされてそのような噂が広がったようです。

 

なので、高麗人参や田七人参と良く似ている栄養素ですが、ごぼう茶にはサポニンは含まれていません。

 

ですが、栄養価が高いというのは本当で、ごぼう茶にはたんぱく質、リン、アルギニン、カルシウム、鉄、マグネシウム、タンニン、ポリフェノールなどの栄養素があります。

 

灰汁が出ると泡立つので、サポニンと間違われているようですが、ごぼう茶の場合はタンニンやポリフェノールがこの泡の正体になります。またこの泡にはクロロゲン酸を含みます

 

クロロゲン酸には抗酸化作用、脂肪燃焼作用、血糖値の上昇を抑える作用、血圧を整える作用、抗がん作用、殺菌作用など、生活習慣病や糖尿病予防、高血圧などにも効果があると言えるでしょう。

 

ごぼう茶効能

こうしてみると、高麗人参や田七人参と働きが良く似ていますね。

 

また、ごぼう茶には食物繊維やオリゴ糖が含まれるため、便秘解消が期待できそうです。オリゴ糖は腸の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれるため、腸内環境を整える効果も期待できそうです。

 

また、ごぼう茶にはイヌリンという水溶性ムコ多糖類が含まれているので、利尿作用があり、むくみを改善し、体内に溜まった老廃物をデトックスしてくれる働きがあります。カリウムも含むため余分な塩分も排出してくれそうです。

 

ごぼう茶に含まれるタンニンは、毛穴や皮脂腺を引き締める働きを持っているので、美肌効果も期待でき、ビタミンEを含んでいるため、血行も促進され、女性の美容に効果が期待できるでしょう。

 

ごぼう茶の効果的な飲み方

ごぼう茶を試してみたいと思われる方は、野菜のごぼうでも簡単に試す事ができます。

 

  1. 水洗いをして土を落とす(栄養素をとりこむため、皮は落とさない)
  2. ささがきにする。
  3. 天日で乾燥させる(半日程度)
  4. 油をひかずにフライパンなどでしっかり炒る(10分程度)
  5. 炒ったごぼうにお湯を注ぐ(2リットルに大さじ1杯程度が目安です)

 

ごぼう茶にはカフェインを含まないので、妊娠中や授乳中にも安心して飲む事ができます。特に妊娠中にはむくみや便秘など気になる症状もごぼう茶で解消することができます。

 

炒ったごぼう茶は香ばしく、大地の味がします。

 

ごぼう茶はサポニンを含んでいませんが、高麗人参や田七人参と成分や効果が似ているので、スーパーなどに売っているごぼうで気楽に効果を試す事ができますし、健康茶として販売もされているので、健康増進のために飲用されてみてはいかがでしょうか?