田七人参サプリで動悸が治まった体験談!白井田七人参サプリ

田七人参は心機能を高めるのか

田七人参と心臓病も記していますが、田七人参の持つ強心作用が心臓を活性化させ心機能を高めます。

 

管理人も心臓が丈夫とは言えず、ちょっとした動作で動悸がしていました。そんな時に出会ったのが白井田七のサプリメントでした。

 

白井田七サプリメント

 

外箱容器も可愛くて、サプリメントとは思わないですよね^^

 

田七サプリ

 

中身は、こんな感じです。田七人参の小冊子や体験談などが入っています。

 

田七人参が合う人

 

  • 慢性疲労
  • 高血圧
  • 肝臓が弱っている
  • 動悸がある
  • 甘いモノが好き
  • 貧血気味
  • タバコが辞めれない

 

・・・といった人には、おすすめできます。

 

ただ、わたしのように体質改善を目的に利用するのは良いと思いますが、精神的なメンタル疲労には効果はないと思います。

 

田七人参と高麗人蔘の大きな違いはココ

同じ人参が成分ですが違いは大きいです。高麗人蔘も慢性疲労に効果があります。

 

それもそのはず、田七人参と高麗人蔘はウコギ科という同じ仲間です。違いは、「サポニン」なのです。

 

サポニンには、中性脂肪などを除去する働きがあるので、コレステロール値を下げ、肥満を予防します。他にも免疫力や肝機能を高めてくれるので、飽食時代と言われる現代人には必須な成分ともいえます。

 

そんなサポニンですが、高麗人蔘と比べて田七人参には5倍以上は入っていると言われています。ですので、疲労回復だけではなく予防効果も大きいのです。

 

また、ホルモンバランスを調整するので、女性の更年期障害サプリとしても人気がありますよね。

 

他にも田七人参にしかない田七ケトンなどの機能性分もあり、総合的に見てもやはり高麗人蔘より田七人参の方が優れています。こちらで、高麗人参と田七人参の違いを掲載しています。

 

サプリを飲んで動悸はどうなった!?

まず、お伝えしておきたいのが田七人参には即効性はないということです。

 

ですから、サプリを飲んだからと言ってすぐにわたしの動悸が治まったワケではありません。

 

太り気味だったこともあり適度な運動もしましたし、食事も気をつけていました。

 

田七サプリは毎日夜寝る前に4粒飲みました。

 

ココがイマイチ

そうそう!

 

1点だけ改善して欲しいなと思うことがあります。

 

それは、
飲みにくいのです。

 

粒は小さいので問題ありませんが、です。人参独特の香りと味がします。

 

それにカルシウムやマグネシウムの粉ぽっさが加わったような味です。
(どんな味ヾ(ーー )ォィ)

 

ちょっとわたしには苦手な味ですが、人参嫌いの人も難しいかなと(笑

 

しかし、体調が良いので頑張って飲んでいます。

 

いつ頃から体調の変化に気づいたのか

何となくカラダが軽くなったと気づいた時は動悸も治まっていました。期間にしてどれくらいだろう...飲み始めて2〜3ヶ月くらいだったと思います。

 

2〜3ヶ月と聞いて長いと思うかそれとも短いと思うかはそれぞれだとしても、サプリメントの効果って大半がこのような感じです。

 

なので、もちろん心臓に重篤な持病を持っている人は、そもそも飲んだらダメですが、即効性を期待して飲む人も残念ながら合わないと思います。

 

血圧も安定

わたしは田七を7ヶ月ほど飲んでいますが、動悸も落ち着き、また嬉しいことに血圧も安定してきています。

 

飲む前までは血圧の平均は、160/105mmHgくらいでした。母も血圧が高めなので、遺伝かもしれませんがそれでも30代でこの血圧はやっぱり高いですよね。

 

それが今では140/90mmHgくらいです。もうちょっと低い方が良いと思いますが、でも元々が高いので落ち着いたと思います。

 

血圧が安定すると、カラダも疲れにくくなりますね。

 

どうも、わたしの慢性疲労には色んな要素が絡まっているようです。