田七人参の成分と働き

中国では田七人参には多くの薬効があり、「不老不死の万能薬」「寿命を延ばす薬」などとして古くから珍重されてきました。

 

主にどのような成分や働きがあるのか、調べてみました。

田七人参の成分と働き記事一覧

田七人参(でんしちにんじん)はウコギ科オタネニンジン属で、私たちがよく食べるスーパーで売っている人参(セリ科ニンジン属)...

最近よく耳にするようになった田七人参は、ウコギ科の植物で、種を撒いてから実際に収穫できるようになるまでに、三年から七年ほ...

田七人参を語る上で絶対に欠かせないものが、主成分である「サポニン」です。サポニンは、健康や美容をあらゆる角度からサポート...

田七ケトンとは名前の通り、田七人参にしか含まれていない特有の成分です。田七ケトンは主に血液に作用します。田七ケトンはAと...

デンシチンは「田七人参」からしか摂取されない唯一の成分であることからこの名前が付きました。デンシチンは田七人参の薬効成分...

フラボノイドは、ガムなどに含まれる、CMなどでおなじみの成分ですね。田七人参の中の主成分にもフラボノイドが含まれています...

田七人参には肝臓の機能を高める効果があると言われています。その肝機能に作用するのが、アルギニンという成分です。このアルギ...