田七人参の効果

辛い痛風に田七人参が効果あるの!?

田七人参を手軽に取るには、どうすればいいのか、今話題の田七人参に迫ります!

 

まずは痛風がどのような病気なのか、みていきましょう。

 

痛風と聞くと、イメージ的に年配者が、おいしいものばかり食べるからかかる、ぜいたく病と思われがちですが、今は、食事が欧米化してきているのもあり、年齢に関係なく発症している病気のようです。

 

20~30代の若い男性だけでなく、女性にも増えてきているようです。

 

痛風は、漢字からも想像できるように、風が吹いたたけでも、痛みを感じ、動くのが辛い病です。

 

骨折したんじゃないかと勘違いする程の痛みがあったり、立っているのが辛い痛みだったり、色々症状があるようです。その痛みが穏やかになったかと思えば、辛い激痛が走ったり、足、脚、腰、肩など全身の関節を移動するようです。治ったと思って安心してもまた、発症してしまうようです。

 

痛風は、高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患と考えられているようですが、原因がストレスからくることも、希にあるようです。

 

なぜ、痛風が起こるのか、原因を追求してみましょう。

痛風の治療によく耳にするのが、プリン体の多い食事はとらないようにする注意する事が大事なようです。痛風にはプリン体が大きく関わっているようです。

 

そのプリン体とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

口から入るプリン体と体内に始めからあるプリン体は、肝臓に集められ尿酸へと変化します。

 

普通尿酸は、ほとんど尿に溶けて体外に排泄されるのですが、摂取する量が多過ぎると尿に溶けきることができず、結晶化してしまいます。

 

この結晶が原因で激しい痛みを伴う痛風発作を引き起こしてしまうのです。プリン体が尿酸値を高め、痛風を悪化させてしまうのです。この尿酸の素材がプリン体なのです。

 

プリン体を減少させることが、尿酸を減少させる近道です。

 

1日の摂取量が400mgを超えると痛風発作のリスクが高まると言われています。そのため、プリン体の多い食材を控えることが痛風対策には重要なのです。

 

今話題の田七人参かどのように痛風に効果的なのか

田七人参とは生薬の一種です。よく耳にする高麗人参と比較的近いのが田七人参です。主成分は高麗人参を7倍も上回るサポニンです。

 

このサポニンが重要な鍵を握っています。

 

サポニンは肝臓がプリン体を分解するのを減少させる働きがあります。

 

分解が減少するということは尿酸の生産量が減るということなので、尿酸値の値を抑えられる事になります。痛風の天敵であるプリン体を減少させる働きがあるサポニンが豊富という事は、痛風に効果的であると言えるのです。

 

また、田七人参には田七ケトンという固有の有効成分があります。

 

田七ケトンには消炎効果があるので、痛風の辛い関節痛を少しでも和らげることができる効果があります。田七ケトンの働きはまさに万能薬!

 

その他にも七田人参には、活性酸素を抑制する効果や血液をサラサラする働き、血行を促進する働き、血圧を抑制する働きなど驚くほどの効果効用があるみたいです。

 

そんな七田人参が手軽にとれる白井七田人参サプリにはサボニンや田七ケトンをはじめ、身体の元気の源であるアミノ酸が19種類、体内で生成できない必須アミノ酸も9種類全て含まれているのです。

 

その他、食事だけでは摂取しにくいカリウム、鉄分、亜鉛、マグネシウムなど大切なミネラルも含まれています。また、ビタミンやカロチンも含まれています。

 

この全ての成分が手軽に一度に取れる白井七田人参サプリが今話題になっているのです。高麗人参以上の栄養価地がある白井七田人参はまさに最強のサプリと言えるかもしれませんね。